メンテナンス

アーク+ガラス系コーティング
アークバリア21施工後のメンテナンスをご紹介します。
シビックタイプR
2003/12/02に施工 半年ほど洗車をしていなかったそうですので、
2004/10/04に有料のメンテナンスさせていただきました。
 
勿論、お車のオーナー様でもちゃんとメンテ出来ますよ。
 
御自身で出来ない場合は年1回程度の施工店での
有料メンテナンスをお勧めします。
シビックタイプR
洗車前のバンパー
さすがに半年洗車をしていないと、無数に黒いすじが!
洗車前のバンパー
水洗い
ボディー全体によく水を掛け塗装面をよく冷しましょう、
(ハイパワー車などはエンジンが冷えてから洗車しましょう)
水道のホースやベルト・ボタンなどでキズを付けない様注意しましょう
 
水洗い
水洗い後
水洗いのみで、黒いすじは綺麗になりました。
いくら汚れが落ちるといっても、汚れたら洗車しましょうね。
水洗い後
鉄粉除去
洗車の頻度・環境にもよりますが、
アークバリアの被膜の上にも鉄粉は付着します。
こまめな洗車で鉄粉の付着を防ぐ事が出来ます。
鉄粉除去剤でほとんどの鉄粉除去出来ます、市販の物を使う場合は、
必ずコンパウンドの入っていない物を使いましょう。
鉄粉除去
粘土
鉄粉除去剤で取れない鉄粉は粘土で取りますが、
一般の方にはあまりお勧め出来ませが、
粘土を使用する際は、埃などに気を付け水を掛けながら
強く擦るのでは無く、ボディーの上を滑らす様にします、
(キズを付ける=コーティング被膜を削るので注意しましょう)
粘土
専用クリーナー
デポジット(水分中のミネラル分がボディーに付着するもの)や
タール・ピッチ等水洗いで落ちない汚れは、無理に擦らず、
アークバリア専用クリーナー(100cc\2100)で除去します。
《コンパウンドは絶対使用しないで下さい》
スポンジ等にクリーナーを少量付け、濡れたままのボディーの
汚れの落ちない部分を優しく磨きます。
クリーナー使用後は、クリーナーがボディーに残らぬ様中性洗剤で洗い流します。
専用クリーナー
軽く磨きましょう、虫汚れにも使用します。
施工店では
私たち施工店では、機械を使ってリフレッシュします。
施工店では
中性洗剤を使った場合は、よく水ですすぎます、
アークリンス(撥水・保護・200cc\2100)を使う場合は、
濡れたままのボディーに散布しスポンジで塗り延ばします、
または、スポンジにリンスを数的付け塗り延ばしてもいいでしょう。
全体に塗り延ばしたら、そのまま水分が乾燥しないよう、
素早く・優しく水分を拭き上げて下さい。
メンテ完了!
メンテナンスが終わり綺麗になりました!
 
日頃の洗車(汚れたら洗う)をしっかりして、気になる汚れを
こまめにクリーナーで除去してあげれば、施工店にメンテを依頼しなくても、
ご自分でお車を綺麗に保てます。
わからない事などありましたら、お気軽に施工店にお問い合わせを!
メンテ完了!

PAST INDEX FUTURE
戻る

Last updated: 2009/4/11
inserted by FC2 system